すべての自由研究

究極の空気砲を作る!|低学年,2~3日,実験

テレビでよく見かける空気砲。なんだかありきたりな感じもしますが、形や大きさを比較することで立派な自由研究になります。なかなか自由研究に取り組もうとしないお子さんもこれなら遊びながら楽しく実験できるのではないでしょうか。

※カッターやハサミなどを使用するときはケガしないように気を付けましょう。

※このページは参考です。自由研究はご自身で学習しましょう。


スポンサードリンク






自由研究のテーマを決める

テーマ、タイトル

究極の空気砲を作る!

自由研究を選んだきっかけ

テレビで空気砲で遊んでいるのを見たことがあって楽しそうだった。いつか自分でも試してみたかったので自由研究でいろいろな穴の形や箱の大きさで空気砲の力を比較して、究極の空気砲を作ることにした。

自由研究にかかる日にち・場所・道具

日にち

2~3日

場所

自宅

道具

同じサイズのダンボール6個(穴の形、穴の大きさ比較用)、大・中・小のダンボールそれぞれ1個ずつ(ダンボールのサイズ比較用)、布のガムテープ、カッター、画用紙

参考DVD・図書

実験方法

(1)同じサイズのダンボール3個を空気が漏れないようにガムテープで裏や角などのすき間をふさぐ。ひとつの面に丸、三角、四角の穴をそれぞれあける。3m/6m/9mなど測った位置に半分に折った画用紙を立てて置き、穴の形の違いによる威力を確かめる。

(2)大・中・小のダンボールを空気が漏れないようにガムテープで裏や角などのすき間をふさぐ。ひとつの面に(1)で一番威力のあった穴の形を、同じ大きさでそれぞれあける。3m/6m/9mなど測った位置に半分に折った画用紙を立てて置き、ダンボールの大きさの違いによる威力を確かめる。

(3)(2)で一番威力のあったサイズと同じサイズのダンボール3個を空気が漏れないようにガムテープで裏や角などのすき間をふさぐ。ひとつの面に(1)で一番威力のあった穴の形を大・中・小それぞれあける。3m/6m/9mなど測った位置に半分に折った画用紙を立てて置き、穴の大きさの違いによる威力を確かめる。

自由研究の仮説

穴の形と大きさは、野球ボールのように小さい丸い形をしたものの方が遠くまで飛ぶと思った。ダンボールのサイズはやっぱり大きい方がいいと思った。

自由研究の結果

実験結果(穴の形/ダンボールの大きさ/穴の大きさ)を表でまとめる。穴の形/ダンボールの大きさ/穴の大きさの違いなどを細かく図にすると、とても分かりやすくなります。最後に今回実験した結果でわかった究極の空気砲の作り方を書いておきましょう。

自由研究をしてみてわかったこと

今回の実験で威力のある空気砲をつくるには、いろいろな条件が必要だということがわかった。特に穴の大きさは小さすぎても大きすぎてもうまくいかなかった。

自由研究の感想

空気砲の実験が終わった後も、夏休みの間ずっと空気砲で遊んでいました。遊んでいるときに今回は実験しなかった、ダンボールの形の違いでも威力に違いがあるのか気になりました。今度また試してみようと思いました。

この自由研究に似ているテーマ

牛乳パックやダンボールで再生紙を作ろう|中学年,工作,1~2日
ミョウバンや塩で結晶を作ってみる|高学年,10日以上
スライムを作ってみる|低学年,男子,1日

ブログランキング
ブログランキングに参加しております。
よろしければポチっとお願いします!

小学校教育ランキング   にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村