牛乳牛乳パックやダンボールなどの資源ごみは再生紙としてリサイクルされています。自由研究で牛乳パックから再生紙を作ることで、お子さんもリサイクルの大切さを知ることができるかもしれません。

この自由研究では火を使用します。必ず親御さんと一緒に実験してください。

 
 


スポンサードリンク


【例】

あくまで例なので実際に行った自由研究をまとめてください。

トイレットペーパーや新聞なども使って再生紙を作ってみましょう。

自由研究の計画のたてかた
テーマ

牛乳パックやダンボールで再生紙を作ろう

スケジュール

1~2日

道具

牛乳パック、ダンボール、バット、ハンガー、ホチキス、のり(選択のりか紙用ののり)、ふきん、スプーン、ストッキング、鍋、ミキサー

自由研究のまとめかた
テーマ、タイトル

牛乳パックで再生紙を作ろう

自由研究を選んだきっかけ

わたしの家では牛乳パックやダンボールを資源ごみとして出している。資源ごみはリサイクルされて、トイレットペーパーになったり、再びダンボールになったりするそうです。自分でも再生紙を作ることができるそうなので、自由研究で再生紙ができるまでを調べてみようと思いました。

自由研究の方法、場所、いつ、道具

実験日:8月●日

場所:自宅

道具:牛乳パック、ダンボール、バット、ハンガー、ホチキス、のり(選択のりか紙用ののり)、ふきん、スプーン、ストッキング、鍋、ミキサー

実験方法:

(1)針金ハンガーを四角曲げて、ストッキングをかぶせる。

(2)牛乳パックとダンボールを別々に10分ほど煮て、牛乳パックは表面のビニールをはがす。

(3)ビニールをはがした牛乳パック、ダンボールを細かくちぎって、それぞれ水とミキサーにかける。いっぺんにやるとうまくいかないので、少しずつ混ぜましょう。

(4)ミキサーで混ぜた牛乳パック、ダンボールをすり鉢でさらに細かくすりつぶすとなお良いです。

(5)細かくした牛乳パック、ダンボールにそれぞれのりを小さじ1杯ほど入れ、よく混ぜましょう。

(6)水をはったバットに(1)のハンガーを入れ、その上に(5)の細かくした牛乳パック、ダンボールを少しずつ流しいれ、スプーンで平らにのばしていきます。

(7)厚みが出てきたらハンガーごとふきんに乗せて水気を切り、水気が切れたら日陰で干します。

(8)乾いたらハンガーからはがして、はがきサイズに切りましょう。

自由研究の結果のまとめ

完成したはがきを貼り、手触りなど感触などをまとめます。はがきに文字を書いてみて書きやすさなどをくらべてみてもいいかもしれません。

自由研究をしてみてわかったこと

牛乳パックやダンボールをミキサーでかなり細かくしたと思っていたが、出来上がったはがきはゴワゴワしていた。紙は木材を細かくしたパルプという植物の繊維を工場でパルプを煮たり、機械で叩いたりすること繊維を細かくし繊維同士を絡ませることで作られているそうです。パルプからできている紙もリサイクルで作る再生紙も作り方はほとんど同じだということがわかった。

資源ごみとして回収されたダンボールのリサイクル率は90%以上で、ほとんどがまた新しいダンボールとして生まれかわっているそうです。

自由研究の感想

牛乳パックやダンボールをミキサーでかなり細かくしたと思っていたが、出来上がったはがきはゴワゴワしていたのでもっと細かくすれば良かったです。自由研究をするまでは、牛乳パックを洗って乾かしてわざわざ資源ごみに出すのは面倒でしたが、ちゃんとリサイクルされていることがわかったので、面倒くさがらず続けていこうと思います。